ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
園地条件に対応したクリの凍害発生抑制技術  2016-09-27

●岐阜県中山間農業研究所   

 
【要約】
クリの幼木、若木園において、凍害発生の危険が高い場合には、株ゆるめ処理、マルチ被覆処理、全層破砕処理の中から園地の条件にあった技術を選択し実施することで、凍害の発生を低く抑えることができる。
 
●詳細は>>こちらをダウンロードください
 
(出典元:岐阜県中山間農業研究所「普及に移す新技術」
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:正の北極振動で北極にオゾンホール発生(あぜみち気象散歩79)
注目情報PHOTO  今冬は全国的に気温が高く、日本の冬平均気温偏差は+1.66℃と統計開始(1897年12月~1898年2月)以降では最も高い記録を更新した。東・西日本では、12月~2月の冬期間と1月の月平均気温が共に、統計開始以降(1946年12月~194...
もっと見る