ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
園地条件に対応したクリの凍害発生抑制技術  2016-09-27

●岐阜県中山間農業研究所   

 
【要約】
クリの幼木、若木園において、凍害発生の危険が高い場合には、株ゆるめ処理、マルチ被覆処理、全層破砕処理の中から園地の条件にあった技術を選択し実施することで、凍害の発生を低く抑えることができる。
 
●詳細は>>こちらをダウンロードください
 
(出典元:岐阜県中山間農業研究所「普及に移す新技術」
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:初夏の猛暑と梅雨の嵐(あぜみち気象散歩74)
注目情報PHOTO  5月は下旬を中心に気温が高かった(図1)。26日には全国566の地点で真夏日になり、53の地点で猛暑日となった。なかでも、北海道佐呂間では39.5℃まで上がり、5月として全国の観測史上最高を記録した。東京都心は24日から30℃を超え、5月...
もっと見る