ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
(愛媛県)温暖化に対応した全国初のブラッドオレンジ(タロッコ、モロ)産地の確立  2018-01-17

●愛媛県 南予地方局産業振興課産地育成室果樹係  

 
(愛媛県)現地事例情報

1.事例場所の概要
 宇和島市の気候は、年平均気温17.1℃、年間降水量約1,600mmと温暖多雨であり、ブラッドオレンジを栽培する上で最適な気候となっている。しかし、以前は最低気温も-3℃以下に下がるため、果実の凍害が発生し、ブラッドオレンジの栽培は困難であった。近年の温暖化の影響により、ここ30年で平均気温が1℃上昇し、冬季の極温の影響が少なくなったため、ようやくブラッドオレンジの栽培が可能となった。
 また宇和島市は宇和海に面しており、入り江の多いリアス式海岸沿いに産地が形成されており、ブラッドオレンジを栽培する上で、海からの照り返し等の良好な日照量が期待でき、高品質な果実が生産できる条件となっている。
 
2.活動対象及び概要
 平成20年に「えひめ南ブラッドオレンジ栽培部会」を、平成21年に「加工研究協議会」を立ち上げ、ブラッドオレンジの栽培・貯蔵、加工技術、消費者へのPR活動に中心的に取り組んだ。また、「加工研究協議会」が加工技術を利用して加工品を作出した。
 
3.背景・指導・ねらい
 ブラッドオレンジは、イタリア原産の柑橘・タロッコ、モロなど果皮、果肉が赤い品種の総称である。タロッコは、熟期は3~4月で、モロと比べて大玉で糖度も高く、生食・ジュース用として適しており、モロは熟期が2~3月で、タロッコと比べて赤味が強く、糖低・酸高傾向であるため加工品としての利用が大きい品種である。国内では両品種とも、まとまって栽培する産地はない状態であった。
 愛媛県内には昭和40年代に試験的に導入されたが、冬季の寒害の影響があり、一部の温暖な地域で栽培されるに留まっていた。しかし、宇和島市はここ30年間で平均気温が1℃上昇し、特に冬季の寒害の恐れがほとんどなくなってきたため、平成15年頃から取り組む農家が増加した。そこで全国初のブラッドオレンジの産地化を目指し、平成21年5月に「えひめ南ブラッドオレンジ栽培部会」(以下、栽培部会)が結成された。
 
4.具体的データ
(1)情報の内容・方法・特徴
 栽培部会、県の関係機関が連携し、ブラッドオレンジの安定高品質生産について、実証圃を設置して調査を行い、技術を確立した、また、農家、県の関係機関、宇和島市内の菓子舗、食品業者が連携し、加工技術について研究、さまざまな加工品を作出した。
 
(2)成果
 栽培部会では、①栽培(貯蔵を含む)上の問題点解明と対策技術の確立、②消費者・市場へのPR活動の推進の2つの柱を推進した。販売はJAを通して行うため、JAの生産組織として位置づけた。
 部会の年間行事については、5~8月の果実出荷時期に首都圏での販売促進を行い、6月に総会を、また随時三役会を実施して部会の運営検討を行っている。
 平成26年度からは、国の「新品種・新技術活用型産地育成支援事業」を活用して、栽培部会、JA、県、市、地元・県内の菓子舗・食品業者等14社と「宇和島・ブラッドオレンジ生産加工推進コンソーシアム」を設立し、生産拡大と(加工品を含めた)販売促進活動を推進している。
 関係組織が一体となって産地化を進めた結果、現在では栽培面積約26ha、生産量約200t、販売額が約7,000万円(平成28年度:栽培面積32.1ha、生産量340t、販売額1億2千万円)となり、全国の約90%のシェアを誇っており、オンリーワンの産地として知られるようになってきた。
 
(3)普及活動上の留意点
 組織(えひめ南ブラッドオレンジ栽培部会、加工技術研究会)の立ち上げと予算(県単、国補等)の獲得に中心的に取り組んだ。
 今後は、消費者から求められる安定した赤色果実の生産を確立し、果実・加工品のPR活動を行うことにより、販売チャンネルを増やし、農家経営の安定化を図りたい。
 
添付資料1
添付資料2
 
(2016年2月15日報告)
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:高貴なるクリーナー――センチコガネ(むしたちの日曜日76)
注目情報PHOTO  世の中、ちょっとした雲古ばやりである。子どもたちに雲古のドリルを与えれば学習意欲が増して学力が向上するとか、雲古しばりの読み物、雲古の絵本などが次々と出てくる。ちなみに、雲古しばりといっても、ひものようにのばした雲古で何かをしばるわけでは...
もっと見る