ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
地中冷却によるスターチス・シヌアータの秋期切花品質向上  2013-01-11

●(地独)北海道立総合研究機構 花・野菜技術センター 研究部 生方雅男 

 
背景と概要(要約)
 夏の高温は、花きハウス栽培品目の収量および品質を低下させ、農家の収入に大きな影響を与えることから、高温時にも安定的に栽培できる方法が要望されている。
 そこで、貯雪冷熱エネルギーを用いて、切り花栽培への冷熱利用効果を実証するとともに、ハウス栽培における高温対策技術を組立てたところ、地中冷却によりスターチス・シヌアータの収量性や、品質が高まった。経済性評価では地中冷却による増収効果が認められ、電気料、施設償却を考慮に入れても地中冷却が優位であった。
症状
秋期の採花本数、切花のボリューム低下
原因
夏期の高温
対策
 栽培ベット(幅80cm、条間・株間40cmで植栽、白黒ダブルマルチ展張)地中10~15cmにポリエチレン管を埋設(1往復)。管に貯雪槽からの冷水を循環した。通水時間は18~6時まで
 

 
具体的データ

(クリックすると拡大します)
 
 
 
参考資料
平成19年普及奨励及び指導参考事項(北海道農政部)H19.3
平成18年度研究成果情報北海道農業(H19)
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:“2波数型”で花冷え(あぜみち気象散歩73) 
注目情報PHOTO  この春は暖かくなったり、急に冬の陽気が戻ったりと気温の変動が激しい(図1)。  2月半ば過ぎから全国的に気温が上昇し、3月に入っても暖かな日が多かった。さくらの開花も早く、20日に長崎で開花が始まり、東京都心では21日に開花するなど、東...
もっと見る