ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報水稲関連
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
(長崎県)高温耐性がある水稲早生品種「なつほのか」の導入・産地化に向けた取組  2019-02-07

●長崎県県北振興局農林部南部地域普及課   

 
(長崎県)現地事例情報
 
1.事例場所の概要
 長崎県県北地域は、中山間地や多くの離島・半島からなり、耕地面積は長崎県の約4分の1を占め、水田の割合が53%と県平均46%より高い。
 農業は、水稲に肉用牛、みかん、野菜、花き、茶、葉たばこを組み合わせた複合経営が多い。
 
2.活動対象及び概要
 長崎県県北地域水稲生産者を対象とした。水稲部会等生産者組織は少ないが、ながさき西海農協水稲部会、研究会等がある地区で、品種や栽培方法の統一、水稲の生産安定・向上に取り組まれている。
 
3.背景・指導・ねらい
 県北地域の水稲主力品種「ヒノヒカリ」は、近年の地球温暖化の影響で、高温年に品質低下(高温障害による登熟不良)が見られており、高温耐性品種「にこまる」「つや姫」を作付推進してきた。
 「にこまる」の作付面積は緩やかな増加傾向であるが、晩生品種であるため、標高が高い地区では秋冷えによる登熟の遅れ、品質低下が問題になっている。
 また、「つや姫」は、特別栽培に限定されているため、新規産地化が難しく、既存産地において作付面積が維持されている。
 そこで、早生品種で高温耐性がある水稲新品種「なつほのか」の導入・産地化に取り組んだ。
 
4.具体的データ
(1)情報の内容・方法・特徴
 平成26~27年度に、県北地域各地区で「なつほのか」の展示圃を設置・調査・検討し、県北地域における現地適応性を確認した。平成28~29年度に、県北地域における栽培特性を確認し、展示圃調査結果に基づく「なつほのか」栽培基準作成に向けて検討した。。
 平成27~29年度に、農協、市町、全農ながさき、県農産園芸課、農林技術開発センター等関係機関と連携し、県北地域における「なつほのか」推進方策(推進スケジュール、推進地区、推進方法等)を作成し、取り組んだ。推進地区選定に当たって、県北地域独自の「県北地域高温耐性品種推進マップ」を活用し、推進地区の「見える化」を図った。
 平成28~29年度に、各推進地区で、展示圃設置・現地検討、栽培講習、米試食等を行い、産地化に向けて支援した。平成29年度に、平成30年度からの新たな推進地区を検討した。
 平成27~29年度に、平成30年度からの本格生産を目指し、米卸を含む関係機関で「なつほのか」立毛検討・室内検討を行った。
 
(2)成果
 平成30年度「なつほのか」作付面積(見込)が、約60haとなった。
 平成30年産「なつほのか」について、原則的にJA米、1等調製とし、農協、全農を経由して米卸に販売することになった。
 水稲生産組織がなかった推進地区で、「なつほのか」栽培研究会設立を進めることになった。
 平成31年度以降の「なつほのか」作付面積拡大・産地化を目指し、平成30年度からの新たな推進地区の選定、平成30年度展示圃設置計画について、関係機関、地区と調整できた。
 展示圃調査結果と試験研究成果情報に基づき、「なつほのか」栽培基準を作成した。
 肥料試験の調査結果から、野菜後水田における「なつほのか」の適正な肥培管理に関する知見が得られた。
 
(3)普及活動上の留意点
 本格的生産となる平成30年産「なつほのか」の極良食味、高品質、高単収を実現するため、各推進地区で栽培技術の徹底を指導する必要がある。
 平成31年度以降の「なつほのか」作付面積拡大・産地化を目指し、平成30年度からの推進地区の取組を支援する必要がある。
 水稲高温耐性品種「なつほのか」は、早生品種であり、加工用たまねぎ等多様な品目との組合せが可能である。普及指導員を含む関係機関の野菜、花き等担当者と連携し、露地園芸品目も振興し、水田の高度利用を図る必要がある。
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:高貴なるクリーナー――センチコガネ(むしたちの日曜日76)
注目情報PHOTO  世の中、ちょっとした雲古ばやりである。子どもたちに雲古のドリルを与えれば学習意欲が増して学力が向上するとか、雲古しばりの読み物、雲古の絵本などが次々と出てくる。ちなみに、雲古しばりといっても、ひものようにのばした雲古で何かをしばるわけでは...
もっと見る