ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報野菜関連
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
(岐阜県)ホウレンソウの被覆資材による高温対策の実証  2018-01-24

●岐阜県 郡上農林事務所  

 
(岐阜県)現地事例情報
 
1.事例場所の概要
郡上市白鳥町石徹白地区は、福井県との県境にある標高700m中山間地。ホウレンソウ栽培の他、トウモロコシの栽培が盛んである。
 
2.活動対象及び概要
奥美濃ほうれん草出荷組合は、郡上市白鳥町、大和町のホウレンソウ農家で組織され、JAめぐみのを通じて岐阜市中央卸売市場に出荷されている。
 
3.背景・指導・ねらい
郡上市白鳥町、大和町で夏ホウレンソウが栽培されているが、夏期の高温が生育抑制や土壌病害を発生させ、生産の不安定要因となっている。
そこで、梨地で近紫外線をカットする被覆資材(「クリーンテートSK」)を使用し、ハウス内温度、地温を下げ生産の安定を図る。
 
4.具体的データ
(1)情報の内容・方法・特徴
クリンテートSKを被覆したハウスを試験区とし、慣行被覆資材を被覆したハウスを慣行区とし、ハウス内温度、地温、光の透過率、収穫量を調査した。
 
(2)成果
・ハウス内温度は、試験区が慣行区に比べ、調査期間中の平均値で0.9℃試験区が低く推移した。
試験区と慣行区のハウス内温度の差は、夜間は差がなく、日の出とともに差が見られ、午前中が最大となった。ハウス内温度は、クリンテートSKを被覆することによって、慣行の被覆資材に比べ低下させる効果が認められた。
・地温は、試験区が慣行区に比べ、調査期間中の平均値で0.8℃低く推移した。試験区と慣行区の地温の差は、夜間は差がなく、日の出とともに差が見られ、正午前後が最大値となる傾向であった。地温は、クリンテートSKを被覆することによって、慣行の被覆資材に比べ低下させる効果が認められた。
・光の透過率は試験区は56%~67%であった。慣行区は71%~88%であった。
・収穫量は10株の全重は、5回の調査すべて慣行区のほうが優れた。
 
(3)普及活動上の留意点
クリンテートSKを被覆は、慣行の被覆資材に比べ以下の事項に留意する必要がある。
・遮光率が高まることから、べと病の発生に留意する。
・遮光率が高まることから、ホウレンソウの徒長に留意する。
・防霧性がないため、ハウス内の湿度に留意する。
・土壌が乾きにくい傾向が見られるためかん水に留意する。
 
(2017年3月13日報告)
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:記録的暖春(あぜみち気象散歩68) 
注目情報PHOTO  この春の気温は全国的にかなり高かった。東日本では3~5月の平均気温が平年より2.0℃も高く、春としては統計を開始した1946年以降で最も高くなった(図1)。 図1 地域平均気温平年偏差時系列 (2018年3月~5月)  ...
もっと見る